投資・資産運用

資産運用の種類って何があるの?20代にオススメの資産運用はこれだ!

お金を稼ぐ

こんにちは、みっつー(@hiro_32i)です。

資産運用の種類っていろいろあるけど、なにがあるの?20代でオススメのやり方を教えて!

本記事はこんな方を対象としています。

みっつー
みっつー
20代でまだ資産運用を本格的に始めていない方に、一般的な投資方法をすべてご紹介します!

投資方法の7つの具体例

不動産投資

不動産投資とは「不動産物件を購入して第三者に貸し出し、家賃を利益として受け取る投資方法」のことです。大家になるってことですね。誰かが住みたくなるよな駅チカの利便性の高い所や、知名度がある所の物件を保有することで人にどんどん住んでもらい、大きな収益化が見込めるのです。

不動産投資は「ワンルーム投資」と「一棟買い投資」の2種類に分けられます。

  • ワンルーム投資:
    分割マンションの1室を購入し貸し出すやり方。初期費用が安いためリスクは比較的低い反面、1室分の収益しか得られないので大きな利益は得にくい特徴がある。

  • 一棟買い投資:
    戸建て宗卓や集合住宅を丸ごと一棟購入して貸し出しやり方。初期費用が高いためリスクは比較的高いが、多くの家賃を得られる特徴がある。

魅力的な投資方法ではあるのですが、ほんとガチで勉強しないとカモになるだけなので、やるならそれなりの努力が必要です。よく不動産投資セミナーがありますが、中には悪徳商法している所も多いのでご注意ください!僕は一度、不動産投資の人から猛烈に電話がかかってきて断りつづけたら、さいごは「てめえ、ふざけんじゃねーぞごらぁーー!」とヤクザみたいにどなられましたw
学ぶ場所は選びましょう(笑)

詳しく知りたい方は、不動産投資について初心者向けにわかりやすく解説しているもふもふ不動産のサイトを見るとよいでしょう。このモフさんという方は、以前マコなり社長の動画にも出ていましたね!こちらもわりと面白い動画だったので見てみてください。

株式投資

これは王道ですね。株式投資とは、株式会社が発行した株式を買うことで「株主」となり、株主権を取得することです。株主権とは、配当金や議決権等の権利のことです。この配当金の権利を有しているので、会社が儲かれば配当金がもらえて儲けられるわけです。

(引用:松井証券サイト https://www.matsui.co.jp/service/stock/study/about/01_stock.html)

株式投資は勉強しないでいきなり始めるのはかなりリスクがあると言われています。だからといってネットには投資に関する無数の情報があるので混乱してしまいますよね。

よくわかんないから、一通りざーっと学んでみたい!

と思うかたはお金で失敗する人生はもったいない「お金の教養講座」 を無料で受けるといいですよ!これはお金に関して基礎的なことをいろいろ教えてくれる講座です。通常は有料の講座を期間限定で無料でWEB受講できるので、よかったらチェックしてみてください。

投資信託

投資信託とは、投資家から集めたお金を一つの大きな資金としてまとめ、ファンドマネージャーという運用のプロが国内外の株式や債券などに分散して投資・運用することを言います。運用で成果がでたら、分配金が我々に還元され儲ける仕組みとなっています。でも、もし成果がでなかったらそのまま元本は吹っ飛ぶというリスクがあります。

ただ、個人では投資できないようなマーケットに投資でき、集めたお金をより安全・かつ効率的にローリスクで運用してくれるメリットがあると言われています。

しかし、元Googleの実業家でプロの投資家でもある有名な竹花貴騎さんは「投資信託はするな!」と動画で言っていましたww
最後の結論は彼の提供しているスクール:MUPカレッジの有料会員にならないと見れないんです。。
でも、すごい見る価値がある動画ですので念のため貼っておきます。

僕も常識が覆されたので、もう一度勉強する予定です!

iDeCo

iDeCo(イデコ)とは「確定拠出型年金」というもので、定期預金・保険・投資信託の中から好きなものを選び毎月掛け金を積み立てていく老後の資産形成手段の一つです。

イデコのメリットは、なんといっても節税しながら年金資産をつくれるところにあります!所得税が軽減されているので、若者でも簡単に始められるのです。僕も周りの友達も実際にやっています!
節税は具体的にいうとこんなかんじ。

  • 積み立てた金額すべてを所得控除の対象となる
  • 運用で生じた利益には税金がかからない(※通常は20%納税しないといけない)

逆にデメリットは「60歳まで資金を引き出せない」ことです。でも見方をかえれば、強制的に使わないようにしてくれるのである意味メリットでもあると思います。僕とかはあれば使っちゃうタイプなので、イデコで確実に老後資金を確保していきます(笑)

みっつー
みっつー
iDeCoはかなり節税になるから、資産運用として注目されているね!

生命保険

生命保険を運用するメリットは、万が一の出来事に対して大きなお金が返ってくる点です。比較的少額から契約ができるため、若者でも生命保険に入っておけば将来の備えになります。

亡くなった遺族に支払われる終身保険、大きな病気の治療費をまかなう医療保険、子供の教育資金の学資保険など数々の種類があります。また、生命保険料控除を利用できるため、税制面でのメリットを得ることができます。

しかし、生命保険には途中解約すると多額の手数料を取られることや、運用期間中の手数料が高いものがあります。その点は注意して慎重にやりましょう。

外貨預金

日本円を外貨に「両替」して預金するのが、「外貨預金」です。

現代はマイナス金利なので「円」の普通預金の金利はだいたい年0.001%、定期預金でも年0.01%という超絶低い金利となっています。そこで、金利が円預金より高い「外貨預金」が注目されるようになってきています!

外貨預金には、アメリカの米ドル、オーストラリアの豪ドル、イギリスのポンド、南アフリカのランドなどがあります。取り扱い通貨は金融機関によって異なります。
日本円での預金と同じように普通預金や定期預金などがあり、金利がそれぞれ設定されているので、預けている「外貨」には利息がつきます。こうして円安がくれば為替差で儲けることができる仕組みなのです。

ただ、これも手数料はかかってしまいますが、それでも日本の銀行口座に預金しているよりかは、はるかに資産運用としては良いと言えるでしょう。

仮想通貨

ビットコインに代表される暗号通貨を買い、通貨価値の差で儲けるものです。仮想通貨の特徴は、とにかく乱高下が激しく、一日で10倍高騰するときもあれば、10倍暴落するときもあります。。一攫千金できる魅力がある一方で、一瞬で資産が消え飛ぶリスクもあります。

ちなみに僕はビットコインに25万ぶち込んでみました(笑)
一時期は、朝起きたら+5万円になっていましたが、今ではマイナス1万円です。ほんと激しい(笑)
仮想通貨は1,000円くらいの少額から始められるので、十分にお金がない人でも始められますよ!

ソーシャルレンディング

これはあまり馴染みはないですが、意外と評判です!

ソーシャルレンディングとは、インターネット上でお金を借りたい人(企業・個人)とお金を貸したい人(投資家)を繋ぐ金融サービスです。
ソーシャルレンディングの運営会社が、投資をしたい人と投資を受けたい人をマッチングさせ、企業や個人に融資するのです。

(引用:クラウドクレジット https://crowdcredit.jp/blog/entry/377/)

僕ら投資家は、お金を出すと償還時に元本と利息を受け取ることができるのです。しかも、これまた少額から投資できるのに加え、一般的に利回りが5%~10%ほどあり、他の投資商品より儲けられやすい特徴があるのです!

株や投資信託に比べたら利益が跳ね上がることは少ないですが、運営会社が僕らにかわってお金を動かしてくれるので毎日チャートを見てビクビクする時間からは解放されます。また、長期間投資していればその分利益も大きくなってくるので早く始める人も結構います。

ロボアドバイザー

ラストはこれ!
ロボアドバイザーとは人間よりも優秀なAIが資産運用をしてくれるサービスです。テクノロジーが進歩したおかげで、今ではお金の動かし方にAIの力を借りて運用するところが増えてきています。

日本では、ロボアドバイザー業界のトップを走るユニコーン企業、ウェルスナビが運営するサービスが有名です!AIに長期投資を任せて資産運用をしていきます。なので画面に張り付いてずっと見張っておく心配もありません。

お金がない人でも10万円だけあればすぐに運用を始めることができる点にメリットがあり、20代の若者でも始めている人は増えています。かなりオススメできます。
実際に僕も10万円から始めてみました!こんなかんじで運用しています。これからどれくらい伸びていくのか期待です!

 

 

ウェルスナビについては他の記事で詳しく書いているのでご覧ください!

まとめ

いかがでしょうか。いろんな資産運用手段がありますよね。

これからバリバリ投資の勉強をして自力で資産運用にチャレンジする方もいると思います。それはそれで全然問題ないと思います。
でも、まだ資産運用をまともに考えたことなくて興味はあるけど、なかなか一歩踏み出せない方は僕みたいに初心者に最適なサービスから始めてみるのはいかがでしょうか。

一番オススメなので最後のウェルスナビです!20代のうちから資産運用を始めて将来に備えていきましょう!

資産運用の関連記事:これも読まれています

でもさあ、20代で資産運用するのって早くない?ぶっちゃけまだ早いっしょ?

と1ミリでも頭に浮かんだ方は、下の記事を是非見てください。できるだけ早く始めないといけないんです!

-投資・資産運用
-

モバイルPC

Copyright © みっつー Blog , All Rights Reserved.