65時間の深夜残業で気づいた「投資の重要性」。時間の切り売りから脱却するには?

こんにちは、みっつー(@hiro_32i)です。

累計残業時間は65時間。いつものように深夜残業が続きクタクタになっていたある日の帰り道、ふと我に返りました。

ひろみつ
ひろみつ
オレってなんのために働いているんだろう・・。

時間を切り売りにして身を粉にして働くそのあり方に少し違和感を感じました。かといって収入を得るには働くしかないということも、もちろん分かっていました。
ただ残業代を稼ぐような一時的な労働はずっとしたくない・・!

そうか・・。

そろそろ、投資について真面目に考えないといけないかも・・!

僕が投資の重要性を認識した瞬間でした。

お金に困らず、時間を切り売りしない、もっと幸せな人生を歩みたい!!」と僕と同じように思った方むけに本記事を書きました。

時間を切り売り感がヤバいことを痛感

残業により時間という最も貴重な資源が失われていくことを痛感。。

毎日のように深夜に仕事を終え、鍵をしめてオフィスを出る。タクシーをひろい、夜食としてコンビニのサラダを買って帰る日々が続きました。家について、サラダをロボットのようにただただ口に入れ、シャワーを浴びてベッドにはいるという、、。
なんというか・・、「生きている」という実感がもてない毎日を送っていました。

月の残業時間は65時間をいっていました。65時間くらい余裕っしょと思う人もいるとは思いますが、65時間分の貴重な「時間」を「会社の仕事だけのために使った」ことはまぎれもない事実です。残業パラダイスで失ったことがいくつかあることに気付きました。

  • 自己投資の時間
  • 人生の幸福感
  • 健康的な食生活
  • 健康的な精神維持

もちろん会社の仕事には真摯に取り組まないことは分かります。仕事から学べることだってたくさんあります。また自分の仕事のスピードをもっと上げて早い時間帯に帰れる努力をしなくてはいけないのも事実です。
しかし、残業生活をしていると、「得るもの」より「失うもの」の方がはるかに多いなって思わざるを得ませんでした。

残業代たくさん稼げているんだから、いいんじゃない!?

という意見もあると思うので、僕の実際の給料を公開しちゃいますww

以下は実際の明細書の給料箇所を抜粋したものです。残業をほとんどしていない月と65時間の残業をした月の給料を比較したいと思います。たしかに給料は増えました。

でもまったく「幸福感」を感じていない自分がいました。

(※上記給料は組合費、財形貯蓄、持株会、寮費など各種費用が差し引かれた後の金額なので、振り込み額は若干少ないですね。)

残業代は稼げるけど、で?というかんじ。時間を切り売りにして働いたことで一時的に多く給料が入っただけです。そのことに、なんとも言えない虚しさを感じてしまったのです。

もっと他に有意義な時間の使い方やお金の増やし方があるはず、、と。将来家族ができたときには、ちゃんと家族のために時間を使ってあげたい。でもお金は増やしたい。。大事なのはお金に困らずに人生の幸福感を感じることだと思うんです。僕の中で葛藤の想いが湧いてくるようになったのです。

人生を豊かにする2つの「投資」

「投資」について真面目に考えるようになりました。

みっつー
みっつー
時間を犠牲にして一時的な残業代を稼ぐのではなく、もっと長期的にみて大きなリターンを得られる「投資」にいまこの瞬間の時間を費やすべきなんじゃないかな・・。

長期的にみて残業代以上のお金を稼げるようになるために、なにか行動しないといけないという一種の焦りをおぼえました。これまで以上に「投資」の重要性を考えるようになったのです。

ここでいう「投資」とは2つの意味があります。

2つの「投資」

  1. 自己啓発としての投資(≒自己投資)
  2. 資産運用としての投資(≒株式投資)

スキルや知識をつけた将来の自分の可能性を広げる①の自己投資は意識的にするようになりました。

①新しく始めた自己啓発としての投資

毎日これらのことに取り組んでいると少しずつ自分の成長を実感して楽しいです。今までできなかったことができるようになることんで、少しずつ自分の可能性が広がっている気がします。

②資産運用としての投資

  • 本格的に勉強をはじめた
  • とりあえず、自動で資産運用してくれる有名なウェルスナビをはじめた

資産運用としての投資がいかに重要か次に解説します。

投資は不労所得を生み出す

不労所得という言葉は誰もが聞いたことあると思います。

投資における不労所得とは具体的にどういう仕組みでお金が発生しているのでしょうか。

一般的にサラリーマンであれば、稼いだ給料をそのまま消費にあてていると思います。

稼いで消費するのくり返しなので、生活が楽になることはありません。昨今のコロナショックで見られるように解雇され収入が途絶えたら家族を養っていくことは不可能です。残酷ですが死を意味します・・。

でも、もし投資をしていたらどうでしょう。

投資をしてそこから資産が増えていけば利息や配当を得ることができ、生活が楽にすることができます!もちろん投資にはリスクがつきものですが、ちゃんと知識をつければリスクを少なくすることが可能です。

資産が増えるまで時間はかかりますが、増えたあとは不労所得が入ってきます。

例えば、資産が100万円まで増えた場合、利回り(投資金額に対する収益の割合)が5%だとすると年間で50万円も不労所得が得られる計算になります!

税引き後は40万円程度なので、月換算だと33,333円追加で入ってくる計算に・・!めちゃくちゃ生活費の足しになりませんか?

不労所得は投資の仕組みを利用して生まれた正当なお金なのです。

目指すは不労所得だけで生活すること

ここが最終的に目指したいところ。

もちろん多少は手元にキャッシュを残しておくことも大事ですが、投資につぎ込む額が多ければ多いほど利息・配当金は多くなり、その分生活もより豊かになります。

夢物語のように聞こえると思いますが、実際に不労所得だけで生活している人はたくさんいます。僕の周りでもそういう人は2人います。

いつかこの境地にたどり着きたいですね・・!

投資は早く始めた方がいい

投資というものは時間に比例して資産が増えていく特徴があります。複利のチカラを使えば時間をかけるだけで資産は倍にすることだって十分可能なのです。

「お金を増やさないと!」と焦って残業ばかりを繰り返す消耗戦はもうしたくないです(笑)
効率よくお金を生み出し、将来は家族との時間をたくさんつくれるようになりたいものです・・!

ちゃんと知識をつけてコツコツ取り組めば、それって十分可能なことだと思うんです。投資をはじめて時間の切り売り型の稼ぎ方からの早期脱却を目指そうと思います(笑)

資産形成は時間をかける必要があるのでガチで早く始めた方が得します。30過ぎから始めるのでは遅すぎます。初心者でも少額からすぐに始められるウェルスナビがオススメです。僕もはじめました。

とりあえず基礎的なところから勉強したい方はファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」 を受けてみるといいです。関連記事を下にはっておくので是非ご覧ください!

投資の重要性を若いうちから認識しておきたいですね!

ありがとうございました!